どうして私は人を疑うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある日の夕方、ふと私のこころに【疑い】という気持ちが湧いてきました。

【さっき優しくしてくれたあの人は自分が得をするために私に優しくしているのではないか】と。

ちょくちょくこの感情は私のこころにあらわれていたのですが、いつもあんまりいい気持ちがするものではないので【出て来たな】とわかっていても向き合わずに流していました。

でも、その日はなぜかこの【疑い】と向き合ってみようという気持ちになったので【疑い】について深く考えてみることにしました。

すると、私の中に【自分が損をしたくない】という損得の概念があることに気づきました。

お金についても、時間についても、労力についても私は自分が損をしたくないと思っているようなのです。

私の中で【損】は言いかえると【失う】【なくす】【なくなる】【取られる】こと。

するとどうなるかと考えると【困る】【貧しくなる】【辛い】【苦しい】。

それは嫌だ。

 

でも、ほんとうにそうなのでしょうか。

 

では、お金を払って、時間をかけて、とっても疲れることをしたらどう感じる?と想像してみると、

【あれ、嫌じゃない。。。むしろ、結構好きかも。ご飯が美味しく食べられて、ぐっすり眠れそう。】

矛盾しているようで、同じ私のこころから生まれた声です。

 

お金を払って、時間をかけて、疲れることをするのは嫌じゃない。

つまり、【損】じゃない。

なのに、頭の中では【損】だと思っている。

ということは【疑い】は頭の中で生まれる【損得】の【概念】から生まれているのかも。

【疑い】は自分がお金と時間と労力を出すのは【損】で、誰かがお金と時間と労力を出さずに何かを得ることが【得】。

それが嫌だという【概念】から。

 

でも、お金を使うことも、時間をかけることも、労力を出すことも、

全く【失う】【なくす】【なくなる】【取られる】ことではないし、

【困る】【貧しくなる】【辛い】【苦しい】ことでもないということが確認出来た今、

【どうしてそんな勘違いをしていたんだろう。】と思うと同時に

必死に間違った方程式を覚えていた私がいたような気持ちがしました。

 

『さっき優しくしてくれたあの人は、私を気分よくさせて、何かを得ようとしている』のと

『さっき優しくしてくれたあの人は、何の下心もなくただ純粋なこころから優しくしてくれた』のとの違いは

私が生み出している【疑い】の感情の違いだけです。

実際に起きたことはただひとつ『あの人が私に優しくしてくれた。』だけ。

 

過去に嫌な経験が多ければ多いほど、自己防衛の一つとして【疑い】の気持ちが生まれてくると思いますが、自分にとって心地よくない感情が出てきたときは、一度自分のどんな想いからその気持ちが出てくるのかを深く見つめてみるといいかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*