思考は「ほんとうの自分」ではありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『思考は「ほんとうの自分」ではありません』

 

これはエックハルト・トールさんの本の章タイトルに使われている言葉です。

 

私はこのことを友人から初めて聞いたとき【えっ?ほんとうに?】と思いました。

 

【頭の声がなくなったら私って何?】

【でも、それがほんとうなら、何かいいな。】

【頭の中の声はいつだって、しなくちゃいけないことを指摘してくるし、プレッシャーをかけたり、過去のことを持ち出して来たりするし。】

【でも、思考が自分じゃなかったら自分って何?】

 

ってなってそこから先が未知の世界。

そこは自分で体感しないといけないみたいです。

 

思考は自分ではなく道具。

使わないときはしまっておくといいそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*