視点

そこにこたえはないよ。

無意識にパソコンや携帯をみてしまうとき、

【そこにこたえはないよ】と音もなくつぶやくと、我に返ることができます。

パソコンや携帯は

見ている間は安心感を与えてくれますが、見ていないときには分離感を感じるようになります。

パソコンや携帯を見ると知識が増える、社会の状況がわかる、

かもしれませんが、

忙しい忙しい頭をさらに忙しくする前に、

目の前に広がる”今”の穏やかさにほっこり和んでみてください。

してはいけないことはないので、

見ちゃいけないじゃなくって、

ちょっとした変化を。作ってみてください。

かつての望みが叶った今。

かつて、どれだけの人が【あぁ、もし〇〇だったらみんなが幸せになれるのに】と思って奔走したのだろうかと思いました。

 

【もし、車があったら買い物も楽になるし、遠くに旅行にも行けるし、みんな幸せになるだろうな】

【もし、洗濯機があったら、手も荒れずに済むし、自由な時間も作れるし、みんな幸せになるだろうな】

【もし、結核の特効薬が出来たなら、結核で死ぬ人ももいなくなって、みんな幸せになるだろうな】

【もし、誰もが学校に行けるようになったら、国が発展して、みんな幸せになるだろうな】

【もし、美味しいものが普通に買えるお金が稼げるようになったら、みんな幸せになるだろうな】

 

移動手段も、生活用品も、病気の治療も、教育も、金銭的なことも、

たくさんの人の望みを実現して幸せになってもらいたい、

もしくは、たくさんの人が望むことを商機と考えて実現してきた、

その先端に今の私たちがいるのだと思います。

 

そんな今ですら、私は

【ベーシックインカムが現実になって、みんながお金の心配をしなくて済むようになれば、もっと自由に生きられる人が増えてみんなが幸せになるんじゃないだろうか】

などと思ったりしていました。

 

でも、きっとそれが現実になっても、私たちはまた『何か別の要因』を見つけるんだろうな。とふと思いました。

 

【あぁ、そういうことか。】と。

 

結局は、自分の中に焦点をあてて、自分が不満を生み出している何かを溶かすことでしか幸せは実現しないんですね。

私がみんなのために思っていたことは、ただの私の願望でした。

認めさせたい。認められたい。

仲の良くない人たちのやりとりを見ていたとき、どちらが上を取るか、マウンティング合戦だなと思いました。

 

嫌いな人には自分のことを認めさせたい。

好きな人には自分のことを認めてもらいたい。

 

さらに、好きでも嫌いでもない通りすがりの人でも自分のことを認めてもらいたい。

 

たいていの人のこころの奥底にある願いだと思います。

 

でも、この不毛な戦いの渦中で無傷でいられる人たちも沢山います。

それは自分で自分を認めている人です。

自分が好きな人です。

 

誰に何を言われようと、どんな扱いを受けようと、無傷。

自分の存在自体が尊いものだと知っているからです。

 

自分の存在自体が尊いものだと知っている人たちは宝くじに当たったようなものだなと思います。

ほんとうにラッキー。

 

どんなに頭が良くてもわからない人にはわからないし、どんなに頭が悪くてもわかっている人にはわかっている。

大事なことがそういうものでよかったなと思います。

思考は「ほんとうの自分」ではありません

『思考は「ほんとうの自分」ではありません』

 

これはエックハルト・トールさんの本の章タイトルに使われている言葉です。

 

私はこのことを友人から初めて聞いたとき【えっ?ほんとうに?】と思いました。

 

【頭の声がなくなったら私って何?】

【でも、それがほんとうなら、何かいいな。】

【頭の中の声はいつだって、しなくちゃいけないことを指摘してくるし、プレッシャーをかけたり、過去のことを持ち出して来たりするし。】

【でも、思考が自分じゃなかったら自分って何?】

 

ってなってそこから先が未知の世界。

そこは自分で体感しないといけないみたいです。

 

思考は自分ではなく道具。

使わないときはしまっておくといいそうです。

消えたい・死にたいときは

消えたい・死にたいときは、体を対象にしてしまうと大変なので、

消えたい・死にたいと言っている頭の声を対象にします。

 

自分と頭の声を同化しないように

【あれ?また頭の声が消えたい・死にたいって言ってる。】

と、ちょっと消えたい・死にたいと距離を取ってみます。

 

すると、全く体が関係ないことがわかります。

体は大切にしておく方が無難です。

 

【消えたい・死にたいのならあなたがそうすればいいよ。】と思いながら

頭の声を消してしまいます。

 

頭の声は自分を守ろうという気持ちで色々な言葉を次から次にかけてきます。

でも、もしそれが楽しくないことなら、距離をとって眺めて無視しても問題はありません。

スルーです。

あの人を変えたいと思うとき。

【あの人を変えたい。】と思うとき、

今のその人が駄目だと思っている”私”がいるとわかります。

 

【もっと自信を持てばいいのに】

【もっと人と仲良くしたらいいのに】

【もっと運動したらいいのに】

 

書き出してみて、よ~く眺めると”私”のことがよくわかります。

 

【世界を変えたい】と思うときもそうです。

今のこの世界が駄目だと思っている”私”がいるとわかります。

そして、よ~く眺めると”私”のことがみえてきます。

いつも一緒。

時間と体の変化はなかよし いつも一緒

空間と体の移動はなかよし いつも一緒

人は人の間に いつも一緒

外の世界は時間と空間と人間とで出来上がり。

 

それを見て感じて考える。

 

思考も感情もその間で起こっては消える。

 

ただ、それをみている私は変わらない。

私は動いていない。

いつも一緒。

これからどうするか。

アドラー心理学の教えを対話形式の本にした「幸せになる勇気」(岸見一郎・古賀史健著 ダイヤモンド社)の中に、人が陥りやすい物語のパターンとして【かわいそうなわたし】【悪いあの人】というのが出てきます。

気持ちが前に進まないとき、自分の視点からみた前に進めない理由を見つめてしまうようです。

アドラーはそうではなく、【これからどうするか】を語ることが大事だと言っています。

空っぽか、いっぱいか。

友人に教えてもらって ニュー・アース (エックハルト・トール著 サンマーク出版) という本を読みました。

とてもわかりやすくエゴの仕組みが書いてあって、ありがたいなぁと思いました。

今のところ、2回読んでみたのですが、まだ深く読み取れないなと感じるところがあるので、時間をおいてまた読もうと思います。

 

この本の中で、私の体験とリンクすることが書いてあったので紹介したいと思います。

それは、感じることについて。

 

ある日の夕食後、水切りかごの食器を拭いてテーブルに並べていました。

ふと、とても幸せな感覚が湧いてきました。

ただ、食器を拭いて並べているだけなのに、とても満たされていて、いつもの食器がいつもより美しくみえます。

 

その時期ちょうど佐藤初女さんの本を読んでいて「心の貧しい人は幸いである」というキリストの言葉の意味がわからないな~と思っていたところで、【あぁ、「心の貧しい人は幸いである」とはこういうことか】と思いました。

それは例えば、3日間何も食べてなかった人がおにぎりを食べたときに感じる、涙が出るくらいの美味しさや、1週間お風呂に入れなかった人が1週間ぶりにお風呂に入れたときに感じる何ものにも代えがたい温かさ・気持よさと一緒で、食器を並べて拭いているだけでも幸せに思えるほどに私の心には何もない状態(=貧しい)だったのだなと。

 

よく、”今にある”ことの大切さが言われるようになりましたが、こういうことなのだと思います。

過去の幸せをずっとこころに持っていると、今の幸せが感じられません。

というより、いいことでも、悪いことでも、こころをいっぱいにしていると、目の前にあるものがそのままに感じられないと言った方がいいかもしれません。

 

じゃあ、どうしたらいいの?といわれたなら、自分がこころに持っているものと向き合うか、今だけに集中するかのどちらかかなと思います。

体があるのは不思議ですごい。

体があって、この世界を感じることができるってほんとうに不思議ですごいことだなと思います。

私たちが感覚として感じられる範囲はとても限られていますが、だからこそ現れる世界というのがあると思うと、体があるときはこの特別な世界をしっかり楽しみたいなと思います。

そして、よく観察していると、同じつくりの体を持っていても、それぞれに感じ方や見え方が違うのだということに気づかされます。

人の数だけ世界があるというのはその通りなんだなと思います。