カウンセリング

戦いがないと面白くない?

春休み、遊びに来ていた姪っ子たちはひたすらアニメを観ていました。

どれをみても、戦いがないアニメはありません。

「ねぇねぇ、どうして戦いばっかりなのかねぇ?」と聞いてみたら、

「戦いがないと面白くないからじゃない?」と返ってきました。

確信をついてるな~と思いました。

戦って、正義(自分サイド)が勝つ。

この楽しさ。

自分に不快な感情をもたらすものはいずれ苦しい目に合い、私が正しいことが証明されるのだ。

だから、私はそれが証明されるときまで、戦い続け、耐え続けるのだ。

その道のりで、信頼できる仲間や師匠と出会い、私は成長するのだ。

そして、最後に必ず幸せを手に入れるのだ。

このパターン。

そんなことしなくても幸せは自分の内にあるのにね~。

でも、筍みたいに幸せを覆いつくしている皮を向かないと、幸せを幸せと感じられない心。

【あれ、何かおかしいぞ】とふと立ち止まる時が来るまで、優しく穏やかな気持ちで彼女たちをみていたいな~と思いました。

いのちのテンポ。

どうして自然や植物に安らぎを感じるのか、ふと、こんな考えが浮かんできました。

植物は動物のように動くことが出来ません。

脳と呼ばれる器官もありません。

その代わり、傷つけられても新しく芽吹くことが出来、死に対して動物ほど恐れを抱くこともありません。

お陰で、急ぐことなく、いのちのテンポのままに育っていくことができます。

人から見ると、ゆっくり、ゆっくり、のようにみえるこのテンポが いのちのテンポだという気がします。

人がいくら急いでも、このテンポが全体のテンポなので、抵抗を感じる気がします。

気がせくときは植物からいのちのテンポを感じてみるといいかもしれません。

すると、自然に、無理なく花を咲かせ、実を結ぶ準備が出来る気がします。

不毛な戦いは終わり。

体といのちがあって、思考が生まれることがわかりました。

そしたら、思考の優劣、上下を取り合う戦いは不毛なことがわかりました。

体といのちがのびのび、元気に楽しく過ごせることが一番。

「われおもう、ゆえに、われあり。」ではなく、

「われあり。ゆえに、われおもう。」でした。

いのちは感じられる。

前回書いた意志の力を感じていると【これが”いのち”なんだ】という気持ちがします。

【これがあるから体は動くし、思考も生まれる。死ぬときはこの”いのち”が体をぬけるだけなんだ】と。

思考は”いのち”がないと生まれません。

「生きている意味がない」とか

「生きている価値がない」とか

”いのち”が体をうごうごしているから生きている という単純でありがたい事実から外れています。

”いのち”があってこそ生まれる思考が”いのち”を攻撃するのは、

宿主の中でしか生きていけないのに、宿主を攻撃するウィルスのようなものです。

本来ならウィルスも私たちと共存する存在だったのに、今流行りのコロナウィルスは思考のように【私こそが最強だ】と勘違いしてしまったのかもしれません。

ひとりでいるの好き。

久しぶりの晴れの日に、外で庭仕事をしました。

ツバキ系の木には毛虫がつくので、風通しが良くなるように結構切ってしまうのですが、ふと見ると、写真にあるような ちびっこが、あっちこっちで生まれていて、それが可愛すぎて、ひとり悶絶していました。

梅の木もつぼみをいっぱいつけて花を咲かせる準備をしています。

その開花を今か今かと待っているのもとても好きです。

これはウツギの芽。

春にピンクの可愛い花を咲かせます。

この芽もわたしのこころをいっぱいにしてくれました。

どうしてだろう?どうしてこんなにしあわせなんだろう。

植物が好きだからかなぁ?

わからないけど、ただ庭を歩いているだけで【キュン死にするかも】と思うくらい満たされました。

太陽もあたたかかったし。

そういうわけで、わたしはひとりでいるの好きです。

なんというか、特に、外にいるとひとりだという気持ちがしなくて、誰かといるより自由な感じがします。

気の使い過ぎか。。。

感情の履歴の削除

自分のこころの話を聞くことは、体とこころに蓄積している感情の履歴を削除することと言えそうです。

緊張すると体がこわばるように、嬉しくなると体温が上がるように、体とこころは密接に繋がっています。

だから、何度も何度も同じこころの動きが繰り返されると、体がそれを覚えて自分でも気づかない履歴が残ります。

例えば、何度も何度も我慢を繰り返してきた人はいつも背中が緊張していたり、言いたいことを言えずにきた人は喉が締め付けられたようになったりします。

それを解く方法の一つが、こころの話を聞いて、受け入れてあげることです。

すると、少しずつ、少しずつ、体も変化してきます。

最初はこれまでの自分を手放したくなくて抵抗しようと、痛みや吐き気を感じるかもしれません。

でも、続けていくと、解けてきます。

人によっては自分の意思と関係なく涙が出てきたりします。

でも、変化はよい兆しだと思っていいと思います。

痛みや吐き気が出てきたときも、静かに痛みや吐き気の想いに耳を傾けてみてください。

でも、どうしても耐えられないくらいの不調が出てきたときは、我慢せずに病院に行ってくださいね。

なかなか、こころからのアプローチで履歴の削除が進まない気がする人は、反対に体をほぐすことでこころにアプローチしてみるのもいいと思います。

マッサージやヨガ、お風呂に入るなど、体を緩めることを意識的にしてみてください。

たばこやお酒も体を緩めるのに効果がありますが、その力を借りないと自分を緩められなくなると依存に繋がったりするのでほどほどに。

今流行りの焚火もいいかもしれません。

人それぞれに、自分に合った方法があると思います。

試行錯誤しながら、少しずつ気持ちのいい体とこころに変化してくださいね。

苦しいこころと話す参考マンガ

とっても参考になる苦しいこころの出来方、こころとの話し方がマンガになっていたのでシェアします。

是非読んでみてください。

リンクはこちら。-EMI-さんの漫画

苦しいこころは自分で話を聞いてあげると消えていくんだなぁ。

しかも、こころは現実を変えて欲しいわけじゃなくて、ただ話を聞いて欲しいだけという可愛い子。

結果的に、こころの話を聞くと変化があらわれるんだけど、それは全部自分が楽になることに繋がるんだからこころは優しい子です。

子どもの発想をどう受けとめるか

友人がfacebookに子どもの書初めの宿題を投稿していました。

小学4年生の息子さん。

大きな縦長の半紙に「お正月」と大きく、堂々とした字を書いていました。

と、ここまでは普通なのですが、笑えるのがお題の横の名前。

その子の名前は画数の多い”瀧口”くん。

筆で”瀧”と書くのが出来ないと判断したのか、面倒臭かったのか、”谷口”と堂々と書いてありました。

「”谷口”って誰よ?」と呆れた感じでママは投稿していましたが、自分の名前を変えてしまうなんて、その発想が私にはなかったので大笑いしました。

友人であるその子のママも結構ぶっ飛んだ(発想力豊かな)人なので【この母にしてこの子ありだな】と思ったのですが、

果たして、宿題を出した先生は怒るのか、笑うのか、褒めるのか、呆れるのか、はたまた、どう受けとめるんだろう。

みなさんが先生だったら、親だったら、どう受けとめますか?

私だったら、どうして”谷口”にしたのかまず聞いてみたいなと思いました。

ひとりひとりが違うピース

あなたの星座は何座ですか?

私はおうし座です。

では、あなたの月星座は何座ですか?

さっき、偶然、月星座というのがあると知って自分のを調べてみました。

そしたら、私の月星座はうお座でした。

サイトによって書いてあることは色々ありますが、月星座がうお座の人はこんな特徴があるようです。

・共感力が高い(自分と他者や世界との境界がうすい)
・柔軟性が高い(優柔不断)
・想像力が豊か(現実と空想の世界の間に生きている)
・マイペース

そして、『毎日同じ場所に出勤して、同じ仕事をすることに向かない』と書いてありました。

ぐうの音もでない。。。その通りです。

一方で、太陽星座のおうし座は現実的な星座らしく、五感を使ってこの世界を味わえるよう、社会的に安定した暮らしを望むとありました。

これも納得。安定した暮らし大好きです。

そして、今はこれがどちらも叶っているから、こんなに楽しいんだなと思いました。

でも、これは私の話。

人によっては、毎日同じ場所に出勤して、同じ仕事をすることが楽しい人もたくさんいると思いますし、夢を追ってチャレンジし続けるのが楽しい人もたくさんいると思います。

そう思うと、人って本当に十人十色。パズルのピースみたいです。

形も、色も、ハマる場所も全然違うけど、一つのパズルを完成させるにはどれも大事。

違うところに押し込まれても、ハマらなくて辛い。

【星占いなんて、根拠のない無意味なものでしょ。】と思う人もいるかもしれませんが、星の位置によって光や重力の関係が変化すると考えると全く根拠がないとも言い切れません。

それに、星占いは統計学の要素が強いらしいです。

コロナで自分に向き合う時間が出来た今は自分にぴったりの場所を探す機会かもしれません。

今まで敬遠していたものの中にぴったりくるものがあるかもしれません。

【絶対ここじゃないし】と思っていた場所に置いてみたらハマった。なんてこともあるかもしれません。

今が楽しくないなという方は、一度、今確立している自分を揺り動かしてみるといいかもしれません。

2択思考を緩める

がちがちの2択思考だと、苦しいだろうなと思うことがありました。

「やるか、やらないか。」

なんて言われたら、もう、2択しかないようなものに見えてきて、考える前に【やりたくないな。】という気持ちが生まれそうです。

でも、「やるか、やらないか。」をぼんやりみてみると、

「出来るところまでやる。」とか

「難しそうだったら手伝って。」とか

「水曜日はやるけど、その他の日はしない。」とか

「こういうやり方をしていいんだったらする。」とか

「この人と一緒だったらする。」とか

2択以上の選択肢が色々作り出せます。

何かを選ばなければいけないときは、
どんなオプションがあるのか、
どんな選択肢が作り出せるか色んな人と考えてみるといいかもしれません。