怒りを解く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある方に怒られました。

「あなたは説明が足りない。」と。

「もう少し詳細を説明してくれないと、こちらはわかりません。」と。

そうなんです。

私は細かい説明をするのがあまり得意ではありません。

大まかな説明だけして、あとは不足部分を適宜補足して何とかなるというのが私です。

それで、私の説明不足に怒りを覚えた方に出会って「あなたは説明が足りない。」というお言葉をいただきました。

私も自覚があるので謝って、もう少し説明を加えて、その場を治めました。

久しぶりに怒ってもらって、なんとなく【怒りがなぜ起こるのか】という理由がわかったような気がしました。

それは何かというと、人が怒りを感じる時というのは自分が自分に許さないことをしている他者に出会ったとき、ということです。

私に対して怒られた方は【絶対に大雑把な説明はしない】ことを自分に課しているから怒りを感じられたのだと思います。

おそらく、その方は普段【誰にでもわかるように、なるべく詳細まできちんと説明すること】をモットーとされていると思います。

だから、自分にしてはいけないと課していることを平気でする人に出会って怒りを覚えた。

ということは、

【嘘をついてはいけない】と思っている人は嘘をつく人に出会うと怒りを覚える。

【わがままを言ってはいけない】と思っている人はわがままな人に出会うと怒りを覚える。

【他人の悪口を言ってはいけない】と思っている人は他人の悪口を言う人に出会うと怒りを覚える。

ということです。

みなさん、どうですか?

怒りは、自分がどういう人なのかを教えてくれるシグナルなんだと思います。

怒りを冷静に見てみると、自分はどういう人なのかがわかります。

そして、それを客観視出来たとき、相手も自分も受け入れられて、頑なに【○○してはいけない】と自分に課していた枠が解けます。

すると、自分も、周りも緩くなって楽になります。

凄くいい気づきでした。

ありがとうございました^^

SNSでもご購読できます。

instagram

コメントを残す

*