蚊が睡眠を妨げる季節がやってきました。

昔【蚊はなんて勇気があるんだろう。殺されることも厭わずに血を吸いに来るなんて。】と思っていた時期がありました。

でも今では【自我がほぼないからなんだな~】と自然を観ていて思います。

蚊は「これは私の獲物よ!」なんて言わないし、「私の子どもを残さなくては!」なんて思ってないし、「私は死ぬのが恐いから夜しか人に近づかないの」なんて考えてません。

人に飼われている動物は自我が強くなるみたいですが、自然の中にある虫も動物も、ほぼただ命がある(生まれた)から生きているのだなと思います。

鳥は虫を食べるし、虫も虫を食べるし、それが普通。

恨みも恐怖も後悔も懺悔もなくて、これが自然なんだなと思います。

勇気は”私”をなくすために必要なものなんだなと思いました。