2019年 3月 の投稿一覧

計画通りに行かないことは起こるもの。


精神対話士派遣業務の面接に落ちました。

2018年の9月からこの一般財団法人メンタルケア協会の講座に通っていて、無事に講座は終了し、レポートも受け取ってもらえたのですが、協会が派遣する精神対話士の業務に携わるための試験に落ちました。

協会が求める精神対話士像に私が合わなかった。ということだと思います。

残念です。

なぜなら、講座で出会った精神対話士の方々が魅力的で一緒に活動出来たら嬉しいな。と思っていたから。

そして、精神対話士派遣業務に参加して対話の実践を増やしていけたらいいなとも思っていました。

でも、協会の方も残念ながら・・・ということなので、残念ですが、想像していた直近の未来を変更しようと思います。

 

こういう時、私が考えるのは未来の自分です。

これまで、何度となく残念な出来事があったものの、未来の今に来てみると、全部がいい思い出になっているからです。

例えば、前職で中米グアテマラで作った商品を日本に輸入して販売するという仕事をしていたのですが、とにかく、色々なトラブルが起こりました。

商品の材料が倉庫ごと燃えたり、発送したはずの荷物が予定通り届かなかったり、働いていた人が突然病気になったり、停電でミシンが使えなかったり、送金システムが使えなくなったり、届いた商品が不良品ばかりだったり。

その度に、日本では販売の計画があるわけなので、どうしたらいいかと出来ることを探してなんとかするというのをやっていました。

そして、お陰様で全て何とかすることが出来、今となってはいい思い出になっています。

 

私にとって何かが計画通りにいかないということは、自分が思い描いていた道と違う、自分の想像を超えた道を進むことになるきっかけです。

大学卒業と同時に就職出来なかったことは、青年海外協力隊に参加するきっかけになりました。

帰国して、就職した後の体調不良は、友人と事業を立ち上げるきっかけになりました。

今回も、これをきっかけに、想像を超えた新しい道が出来るのだと思います。

 

何がいいことか悪いことかは後になってみないとわからないことの方が多いものだし、それも受け取り方次第です。

と、考えたら、今、受験が終わって結果待ちの学生さんも多い時期。

どきどきの毎日を送っているかもしれませんが、受かっても落ちても大丈夫。

道は続いています。

そこでひねくれたり、人を責めたり、落ち込んだりしてもいいけれど、結局は自分の人生。

後悔のないように。

最終的に、人生は楽しんだ方がお得です。

私の中で、”いい人生”というのは振り返った時に後悔がないということです。

落ちるというのも行動した結果。

だから、また行動すれば別の結果が得られるわけで、真剣に生きていればおのずと、いい人生が出来てくるのだと思います。