基準を『ない』にするか『ある』にするか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは体を、名前を、容姿を、声を、能力を、家族を、所有物を、いろいろなものを【自分のもの】と思っています。

それは、そういう社会に生まれて育ってきたからです。

でも、根底の感じ方には2種類ある気がします。

それは、もともとは『何もない』と感じている人と、『ある』のが当たり前だと感じている人です。

『ない』を基準にすると、『ある』ことが驚きになります。

『ない』を基準にすると、ないのが普通なので、手放すのが簡単です。

『ない』を基準にすると、失うものはなにもありません。

『ない』を基準にすると、少し持っているだけで『ある』になります。

反対に、『ある』を基準にすると、ないのが不満になります。

『ある』を基準にすると、手放すのが恐くなります。

『ある』を基準にすると、失うものが出来ます。

『ある』を基準にすると、少し持っていても『ほとんどない』になります。

どちらかというと『ない』を基準にする方が楽です。

でも、楽じゃなくても大丈夫で、結局はどちらでもいいのかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*