人を責めないネパールの人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝、炊飯器の予約入れ忘れでご飯が炊けていませんでした。

【あっちゃ~(^-^;】と思いながら冷やご飯を温めたりしていたときに、ふと、友人から聞いたネパールの人たちのお話を思い出しました。

それは、”ネパールの人たちは小さな失敗は占いのせいにして人を責めない。”というお話。

例えば、道で車をこすった人がいたら、

「今日は占いであんまりよくない日らしかったから。」と言うと、

「それは仕方ないね。」となるそうです。

何でもかんでも占いのせいにされると困りますけど、
怒りや責め、罪悪感、羞恥心などなど、マイナスの感情をつくり出したりしないで
占いのせいにして軽くながすのは素敵だなと思いました。

何かことが起こったとしても、たいていはどうにかなるものです。

スイッチを入れ忘れても、ご飯は有難い早炊き機能で30分以内に炊き上がりました。

いつもと違うことが起きるのも何か気づきのきっかけになっていいものです。

そんなわけで、何か小さな失敗に出会うことがあったら【今日はそういう星まわりだから仕方ないのかも】とさらっと流してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*