いのちのテンポ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうして自然や植物に安らぎを感じるのか、ふと、こんな考えが浮かんできました。

植物は動物のように動くことが出来ません。

脳と呼ばれる器官もありません。

その代わり、傷つけられても新しく芽吹くことが出来、死に対して動物ほど恐れを抱くこともありません。

お陰で、急ぐことなく、いのちのテンポのままに育っていくことができます。

人から見ると、ゆっくり、ゆっくり、のようにみえるこのテンポが いのちのテンポだという気がします。

人がいくら急いでも、このテンポが全体のテンポなので、抵抗を感じる気がします。

気がせくときは植物からいのちのテンポを感じてみるといいかもしれません。

すると、自然に、無理なく花を咲かせ、実を結ぶ準備が出来る気がします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*